青空フリーパスについて

 

青空フリーパス

青空フリーパスとは

愛知県名古屋飯田地区限定の切符です。
土曜・休日及び年末年始(12/30〜1/3)にフリー区間内の快速、普通列車の普通自由席に乗り降り自由の1日フリーパス。
発売期間は通年、利用期間は土曜・休日及び年末年始(12/30〜1/3) 、有効期間は乗車日当日となります。値段も大人2,570円、子供1,280円 と比較的安価であることが特徴です。
この切符は周辺のJRの主な旅行会社の支店、営業所で販売されています。

 

料金

青空フリーパスの料金は以下の通りです。

料金
大人 2,570
子供 1,280

この料金は飯田駅から米原駅への片道料金だけで元が取れる他、名古屋から鳥羽へ往復すると元が取れる金額です。
中京圏にお住まいの方はお出かけをされる際にはこの青空フリーパスが使えるかどうか確認しておきましょう。

 

利用可能区間

利用可能区間は

  • 米原/美濃赤坂〜岐阜
  • 下呂〜岐阜
  • 木曽平沢〜名古屋
  • 岐阜〜名古屋〜豊橋〜飯田
  • 豊橋〜二川
  • 大府〜武豊
  • 名古屋〜亀山〜紀伊長島/鳥羽
  • 松坂〜伊勢奥津

となっています。

利用可能な列車タイプ

新幹線 東海道新幹線
在来線特急/急行 G席
指定席
自由席
普通列車 G席
指定席
自由席
◯:利用可能 ▲:一部利用可能 ×:利用不可

 

販売期間と有効期間

青空フリーパスの販売期間と有効期間です。

販売期間 通年
利用期間 乗車日当日
除外期間 土曜・休日及び年末年始(12月30日~1月3日)以外の日

土日や年末年始は除外されていますが、この青空フリーパスには土日用があります。

土日用は大人が100円高く、子供が50円高くなっています。

この切符を購入すべき人

この切符は中京圏にお住まいの方が長野飯田や下呂温泉、鳥羽や松坂へ日帰りで遊びに行かれる際には役立つ切符です。
名古屋から鳥羽や下呂温泉へ日帰りするだけで元を取ることが出来るからです。
また名古屋付近を拠点として周辺を観光される方にもこの切符はおすすめになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました